• メンタルヘルスマネジメント検定の受験資格と知識

    • 現在仕事などで不安や悩み、強いストレスを抱えている人は増加傾向にあると言われており、職場でのメンタル面での健康管理も必要となっています。



      メンタルヘルスマネジメント検定は、人事や管理監督者、一般社員がそれぞれの役割に応じてメンタルヘルス対策の正しい知識を身につけることができます。


      また、職場で感じるストレスを緩和させる知識を習得できるため、各企業ではメンタルヘルスマネジメント検定に注目が集まっています。


      受験資格には制限がありませんが、企業を経営している人、会社で重要な地位にいる人や部下の面倒をよく見る立場にある人なども適切であると考えられます。



      しかしあくまで適切というだけですので、メンタルヘルスマネジメント検定の受験資格はどなたにもあります。


      また、働く人々の心の病を未然に防ぐことも必要になってきますので、家庭内でも利用価値の高い資格となります。



      受験資格は、年齢性別職業を問いませんので、自らのセルフケアにも役に立つと考えられます。

      内容は?種から?種にわかれ、受験は年2回となっています。
      ただし?種は年1回となります。
      コースによって学ぶ内容が異なってきますが、いずれも周囲の不調に気づきやすくなり早めの対処をするうえで役立つと言えるでしょう。


      また、周囲だけではなく組織全体を円滑にさせるために、今後はより一層重要視されていく試験と考えられます。
      心の問題は難しいですが、持っていれば必ず役に立つ知識です。

  • 納得の真実

  • 人に言いたいメンタル

    • ストレス社会とメンタルヘルスマネジメントの難易度

      ストレスによってメンタル面を調整することが求められている現代、本格的に向き合う職種が注目されています。一例としてメンタルヘルスマネジメントが注目を浴びており、職場の雰囲気の改善やセラピストに似た役割を担う人が人材として募集されているのです。...

  • 耳より情報・メンタルの基本知識

    • メンタルヘルスマネジメント検定試験の種類

      メンタルヘルスマネジメントの検定試験には1種から3種までの3つのコースがあります。それぞれ想定している受験対象者の役職に応じて問題が設定されています。...

    • メンタルヘルスマネジメント検定の試験とは

      近年、ブラック企業と呼ばれる劣悪な職場環境の企業が一定数存在しており、そこで働いている人は過度な精神的ストレスを抱えながら過ごしています。また、ブラック企業とまでは言わなくても、上司からパワハラまがいの扱いを受けることで、仕事を辞めたいと思う人も少なくないでしょう。...